犬とわかりあい、
幸せをわかちあう。

問題行動や悩みを改善し、
心から幸せな犬の笑顔を見るために。

COLUMN

コラム

EMAIL NEWSLETTER ARCHIVE

メールマガジン

PONOPONO基礎講座ができました!

いつもメールレターを読んでくださり、ありがとうございます。
PONOPONOの川上です。

今日はうれしいお知らせです。
大変長らくお待たせいたしました。
PONOPONO基礎講座が出来上がりました!

テキストもDVDも共に、とても満足がいく仕上がりになりました。
制作するのは大変でしたが、がんばった甲斐がありました。
少しでもお役に立てばうれしいです。

犬が噛み付いて困っている、すぐに吠えてなかなか吠えやまない、リードを引っ張る、
などというお悩みを本当によく聞きます。
ネットでいろいろ調べてやってみたけど一向に改善しない、もうどうしていいかわからない、
と育児ノイローゼのようになっている方もいます。
PONOPONOは、犬が吠えたらこのようにしてくださいというような、
対症療法を提示するのではなく、さまざまな行動を引き起こしている根本原因、すなわち不適切な環境と接し方
を改善することを提案します。
すると、確実にこうした行動が減っていきます。
それとともに、犬とのコミュニケーションがうまくいくようになり、信頼してもらえるようになっていきます。
犬と仲のいい友達のようになれるのです。
気の置けない友達との暮らしは楽しいものです。

犬との関係がうまくいかないと、日々の暮らしが楽しめなくなりますよね。
それに、「育て方が間違っていたんじゃないか」、「わたしが悪いんじゃないか」などと、
自分を責めては落ちこんだりしてしまいます。
悩みを話すことに気後れがしてしまったり。
ですが、そうした気持ちは、多くの方に共通するものです。
決してあなたひとりのものではありません。
多くの方のお悩みを聞いてきたので、そのつらさもよくわかります。
言いにくいこともあるかもしれませんが、わたしは気にしませんし、責めたりもしません。
それよりも、お悩みを率直に吐き出すことで、問題解決の糸口がつかめることが多いのです。
これまでの犬との関係を冷静に振り返ることで、きっといい結果が得られると、わたしは確信しています。

そのお手伝いをするのが、PONOPONO基礎講座です。
基礎講座は一貫して、犬と対等に付き合う方法、友達になる方法を提案しています。
いままで、犬にやさしいつもりでいて、実はそうではなかった、
人間の都合ばかりを押し付けていた、嫌がることを無理強いしていた、
ということに気づくかもしれません。
そしてそれこそが、もっとも大切なことなのです。
それは、犬の立場に立って考えることができるようになるための一歩といえるでしょう。
「これぐらい平気」、「犬は嫌がってない」というのは思い込みにすぎず、
本当は嫌だったんだと気づくことで、自分の行動を変えていくことができます。
基礎講座は、そうした「気づき」をもたらしてくれるでしょう。

これまで犬については、ひどいことが言われてきました。
「犬の言うことを聞くと人間を馬鹿にするようになる」、「飼い主がリーダーにならないといけない」
「部屋で自由にさせてはいけない」、「散歩の時には飼い主の横について歩かないといけない」
などなど、まるで奴隷のような扱いです。
こうした考え方はさまざまなメディアを使って拡散されるので、ほとんどの方はその影響を
少なからず受けています。
そして、ストレスをためこんだ犬は、吠えたり、噛み付いたり、
リードを引っ張ったりするようになるのです。
そうしておいて、「オスワリ」だの「マテ」だの言っても、なんの解決にもなりません。
それよりも、犬と友達になって、幸せに暮らしたほうが、お互いにとって何十倍もいいに決まっています。
犬は人間の4倍のスピードで年をとると言われています。
ためらっていると、幸せに過ごせる時間がどんどん減っていきます。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。

今すぐ、ここをクリックして詳細を読んでみてください。

PONOPONO基礎講座


多くの方の改善結果が記載されていることに、驚くと思います。
犬たちの表情もよく見てみてください。
幸せそうな犬の画像がたくさんあります。
ご自分の犬と比べてみてください。
(なお、本URLは予告なしに閉鎖する予定があるため、今すぐご確認ください)
全生活を管理され、自由を奪われ、いちいち命令されながら、飼い主の影におびえる
犬のことを思うと、わたしはやり切れない思いに駆られます。
犬は人間に「飼われる」という時点で、すでにたいへん不自由な状態に置かれています。
その上さらに、奴隷のように扱っては、あまりにも気の毒です。
犬は気がいいので、人間の横暴を許してくれますが、その善意にあぐらをかいてはいけません。
もっともっと犬のことを気遣い、思いやってあげたいものです。
犬はとても賢く、平和主義者で寛大で、思いやり深い動物なのですから。
わたしは、悲しんだり苦しんだりしている犬が、1頭でも減ることを、心から願っています。

——————————————————————
・カウンセリング会員サービス現在空きがあります。

PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。
そこで、サポートをしてほしいというご依頼にお応えして、
私が直接メールとお電話でカウンセリングを行っています。
今はまだ空きがありますので、迷われている方は
利用してみることをおススメします。

※詳細はコチラ
http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html
・いつもメールレターを読んでいただきありがとうございます。
最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこのメールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。

※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz

 
PONOPONOカウンセラー 川上 さとえ Satoe Kawakami
kawakami@pono2.info
東京都港区赤坂三丁目21番5号 PONOPONO事務局

無料メールレター
今、ご登録いただいた方には、
以下を無料プレゼント
  • ・Webセミナー
    「犬の表情を読み取ろう」
  • ・PONOPONO犬育て100のポイント
    (100通!毎日送信)
その他、PONOPONO犬育てに関する情報をお届けしています。
以下からご登録下さい。

カテゴリー

アーカイブ