犬とわかりあい、
幸せをわかちあう。

問題行動や悩みを改善し、
心から幸せな犬の笑顔を見るために。

COLUMN

コラム

EMAIL NEWSLETTER ARCHIVE

メールマガジン

足を触れない

いつもメールレターを読んでくださり、ありがとうございます。
PONOPONOの川上です。

犬の足を触ろうとすると嫌がったり怒ったりするという話をよく聞きます。
じゃあ、嫌がらないようにトレーニングを、というふうに思う方も多いでしょう。
足先を握ってはおやつをあげたりして慣らしますか?
でも、そもそもそんなところを触られる習慣がない犬は、困惑するばかりです。

わたしたちは、他人の体を勝手に触ったりはしませんよね。
犬の体も同じで、勝手に触るものではありません。
犬同士は相手の足をいきなりつかんだりはしません。
足に噛み付くのは喧嘩のときだけで、それはマナーに反する行為です。

体のどこを触っても怒らないようにすることは必要だ。
なぜなら、病気になったり怪我をしたりしたときに、治療ができないと困るから、などと言う人がいます。
ですが、病気になったときのために、触られる練習をする人がいるでしょうか。
わたしは胃カメラが苦手ですが、だからといって練習などしません。
うちに尿石症になって尿道カテーテルを入れた犬がいますが、カテーテルを入れるまで、
尿道付近を触ったことはありません。
それでも、とてもおとなしく処置をさせてくれました。

治療が必要になったときには、犬自身が落ち着いていれば、ちゃんと状況を理解して協力するものです。
そのための練習などは必要ありません。
体を触るのも、触られて喜ぶ場所を撫でてあげればそれで十分です。
嫌がるのを無理にやっても、さらに苦手になるだけで逆効果です。

とくに足は、デリケートな部位でもあるので、触らないようにしましょう。
散歩から帰って家に上がる前に、足をゴシゴシ拭く人がいますが、これはやめましょう。
どうしても汚いと思うのであれば、濡らして絞ったバスタオルの上を歩いてもらえばきれいになります。
リードが足に絡まった場合は、足は触らずに、リードの方を引っ張って絡みを直しましょう。

犬の体は犬のもの。
このことをよく覚えておきたいものです。

——————————————————————
●PONOPONO基礎講座サイトを一度見てみてください●

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果やあまりにも幸せそうな犬の画像に驚くと思います。

ぜひ詳細を読んでみてください→ http://pono2.info/lp/

●カウンセリング会員サービス現在空きがあります●

PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。そこで、
サポートをしてほしいというご依頼にお応えして、私が直接メールとお電話で
カウンセリングを行っています。今はまだ空きがありますので、
迷われている方は利用してみることをおススメします。

詳細はコチラ→ http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html

●facebook友達申請、大歓迎です●

facebookでは、きついことも率直に書いていますが(笑)、よかったらご登録ください。
コチラからどうぞ→ https://www.facebook.com/satoe.kawakami?fref=ts

●紹介のお願い●

最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこの無料メールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。

※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz

 

 

PONOPONOカウンセラー 川上 さとえ Satoe Kawakami
kawakami@pono2.info
東京都港区赤坂三丁目21番5号 PONOPONO事務局

無料メールレター
今、ご登録いただいた方には、
以下を無料プレゼント
  • ・Webセミナー
    「犬の表情を読み取ろう」
  • ・PONOPONO犬育て100のポイント
    (100通!毎日送信)
その他、PONOPONO犬育てに関する情報をお届けしています。
以下からご登録下さい。

カテゴリー

アーカイブ