犬とわかりあい、
幸せをわかちあう。

問題行動や悩みを改善し、
心から幸せな犬の笑顔を見るために。

COLUMN

コラム

EMAIL NEWSLETTER ARCHIVE

メールマガジン

犬の問題行動

いつもメールレターを読んでくださり、ありがとうございます。
PONOPONOの川上です。

吠え、噛み、リードの引っ張りなどは、「犬の問題行動」と言われています。
わたしはこの言葉を聞くと、いつも違和感を感じてしまいます。
これらは、ほんとうに「犬の問題行動」なんだろうかと。

カウンセリングで詳しいお話を伺ってみると、犬が問題ではないことが多いのです。
たとえばよく吠えるという場合、窓から外が丸見えだったり、社会化が不足していたり、
ストレスがたまっていたりなど、環境や接し方に問題があるケースがほとんどです。
噛み付きの場合は、飼い主さんが犬が嫌がるようなことをしていることが圧倒的に多いです。

犬の問題行動というよりも、飼い主の問題行動と言ったほうがいいでしょう。。
なのでわたしの場合、「問題行動」という言葉を使うときには、飼い主の問題行動という意味で
使っています。
「犬の」という言葉を付ける場合は、「ストレス行動」と言います。

一般的な定義によれば、「犬の問題行動」というのは、「飼い主が問題と感じる行動」とされています。
犬が困っているかどうかではなく、飼い主が困っているかどうかを判断基準にしているのです。
わたしはここに、犬目線の欠如を感じます。
そうではなくて、犬が困っているかどうかを問題にしないといけないと思います。

人間はとても利己的なので、つい自分が困っているとか、自分がこう思っているなどと、自分のこと
ばかり考えてしまいます。
わたしもそうです。
もっと犬の目線で、犬がどう感じているのか、どうしてほしいのかを考えるようにたいと思います。
そうやって犬の気持ちを思いやっていると、「飼い主が問題と感じる行動」も減っていくのです。

犬も人間も、ストレス少なく暮らしたいですね。

——————————————————————
●PONOPONO基礎講座サイトを一度見てみてください●

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果やあまりにも幸せそうな犬の画像に驚くと思います。

ぜひ詳細を読んでみてください→ http://pono2.info/lp/

●カウンセリング会員サービス現在空きがあります●

PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。そこで、
サポートをしてほしいというご依頼にお応えして、私が直接メールとお電話で
カウンセリングを行っています。今はまだ空きがありますので、
迷われている方は利用してみることをおススメします。

詳細はコチラ→ http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html

●facebook友達申請、大歓迎です●

facebookでは、きついことも率直に書いていますが(笑)、よかったらご登録ください。
コチラからどうぞ→ https://www.facebook.com/satoe.kawakami?fref=ts

●紹介のお願い●

最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこの無料メールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。

※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz

 

 

PONOPONOカウンセラー 川上 さとえ Satoe Kawakami
kawakami@pono2.info
東京都港区赤坂三丁目21番5号 PONOPONO事務局

無料メールレター
今、ご登録いただいた方には、
以下を無料プレゼント
  • ・Webセミナー
    「犬の表情を読み取ろう」
  • ・PONOPONO犬育て100のポイント
    (100通!毎日送信)
その他、PONOPONO犬育てに関する情報をお届けしています。
以下からご登録下さい。

カテゴリー

アーカイブ