犬とわかりあい、
幸せをわかちあう。

問題行動や悩みを改善し、
心から幸せな犬の笑顔を見るために。

COLUMN

コラム

EMAIL NEWSLETTER ARCHIVE

メールマガジン

悪い擬人化

いつもメールレターを読んでくださり、ありがとうございます。
PONOPONOの川上です。

先日メールレターで書いたヨトウムシですが、多くの方にご心配いただき、
どうもありがとうございました。
野菜の根元で寝ているところをそっと掘り返して、離れた場所の虫食い野菜の根元に引越してもらいました。
はっちゃんのおもちゃにされてないことを祈ります。

わたしが10年近く前に先住犬の故ぺぺさんを保護したとき、噛み付き行動がありました。
そこでネットで調べ始めると、「権勢症候群」という言葉がすぐにヒットしました。
犬が自分がリーダーだと思って、犬に対して人間が優位の行動、例えば好きなものを取り上げたり、
体を触っ足りなどしようとすると、唸ったり噛んだりするようになるというものです。

そのころは多くのトレーナーがこの説を信じていたので、
いたるところにそんなことが書かれていました。
でも高齢で保健所に持ち込まれた気の毒なぺぺさんを見ると、
とてもリーダーになりたがっているようには見えません。

それに、最初からわたしには噛み付かなかったのです。
検索を続けていたら、すぐにこの説は科学的根拠に欠けるという情報に行き当たりました。
異種の動物と「群れ」を作る動物などいないし、しかも犬の社会は縦社会ではないというのです。
やっぱりなぁと思いました。

いまはさすがに、「権勢症候群」などというのはないらしいという情報が広まってきましたが、
それでも人間がリーダーになるべきと考えている人はけっこういます。
人間が犬のリーダーになるなんて、あまりにこっけいな考え方だとわたしには思えます。
もしそうしないといけないのなら、わたしは犬と暮らすのはごめんです。
そんなの面倒くさすぎますからね。

リーダー論者は、毎日決まった時間に散歩に出てはいけないといいます。
同じ時間に散歩すると、犬がその時間になると吠えるようになり、それに人間が従うと、
どんどん散歩時間が早まっていって、やがては深夜1時に散歩に行くはめになるというのです。
そんなばかな!
犬だってそんな時間に散歩に行きたくはありません。
むしろ、日の出が遅くなってきたら、起床時刻もそれに連動して遅くなるものです。

散歩のときにも人間はリーダーでないといけません。
「リーダーウォーク」というのはそのための歩き方です。
リーダーが先頭を歩き、どこに行くかもリーダーが決めるといいます。
散歩コースを決めず、マーキングをさせず、においも嗅がせずに、
ただ無言で自分の行きたいところに行きます。

いったいそんなリーダーを頂く動物の群れがどこにいるのでしょう。
野生動物のドキュメンタリーを見ていると、群れは食べ物や水や安全な場所などを探して移動します。
それをすべて一人で決めたり、子獣を置き去りにしてスタスタ歩いたり、
さらには行動の自由を奪ったりするリーダーなど見たことがありません。
そんな不自然で非人道的なことをしたがるのは、唯一「ヒト」という種だけです。

それに、多くの人はリーダーになどなりたくありません。
リーダーウォークをしようとしたが、自分自身がつらくて断念したという話もよく聞きます。
リーダー論というのは、悪い擬人化の最たるものです。
そこから派生した不自然な接し方は、犬も人間も苦しめます。
それにたいし、配慮と思いやりにあふれた接し方は、犬も人間も幸せにします。

ぜひこのメールレターをプリントして、まだリーダー論を信じている方に見せてください。
そこからすべてが始まります。

——————————————————————

PONOPONOカウンセラー 川上 さとえ Satoe Kawakami

kawakami@pono2.info
東京都港区赤坂三丁目21番5号 PONOPONO事務局

・いつもメールレターを読んでいただきありがとうございます。
最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこのメールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。

※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz

無料メールレター
今、ご登録いただいた方には、
以下を無料プレゼント
  • ・Webセミナー
    「犬の表情を読み取ろう」
  • ・PONOPONO犬育て100のポイント
    (100通!毎日送信)
その他、PONOPONO犬育てに関する情報をお届けしています。
以下からご登録下さい。

カテゴリー

アーカイブ