犬とわかりあい、
幸せをわかちあう。

問題行動や悩みを改善し、
心から幸せな犬の笑顔を見るために。

COLUMN

コラム

EMAIL NEWSLETTER ARCHIVE

メールマガジン

回避テクを身につけよう!

いつもメールレターを読んでくださり、ありがとうございます。
PONOPONOの川上です。

犬との暮らしで最大の楽しみの散歩。
目いっぱい楽しみたいものですが、苦手が多いとなかなかそうもいきません。
はっきり「苦手」という感じではなくても、犬が立ち止まったり、体をすくめたり、
ビクッとしたりしていたら、回避してあげましょう。
嫌なものを避けるだけでも、ずいぶんと散歩は楽しくなります。

人や犬、車など、嫌いなものが多すぎるという場合は、そういうものがなるべく少ない場所まで、
車や自転車、キャリーバッグやスリングなどで連れて行って、そこから散歩を開始するといいです。
散歩がうまくいくと、犬は帰宅後すぐに寝て、そのあともずっとおとなしく寝ているようになります。
逆にうまくいかないと、なかなか帰りたがらなかったり、帰宅後に走り回るなど興奮したりします。

いい散歩には、速度がとても重要で、犬が早足になりそうなときにリードにテンションをかけ、
すぐにゆるめるというリード操作をします。
ゆっくり歩けば、犬は落ち着きます。
落ち着けば苦手なものに興奮して吠えたりすることも減ります。

回避するときには、早めに動き出すことがとても大切です。
苦手な対象が見えた時点で、どこに避けたらもっとも距離を取ることができるかを計算します。
そしてその方向に犬をさりげなく誘導します。
犬が左にいる場合、ななめ左に自分の足を出して歩くと、犬も左に寄ります。
そういう具合にさりげなくやることが重要です。

わき道や空き地などに入るというのも、よく使う手です。
そういう時も知らん振りしてそっちに行きます。
犬がパニックになってしまってからでは、交渉はできません。
早め早めにさりげなく対処することが重要です。

そうやって避けながら歩いていると、のんびり歩ける時間が増えて、犬も自分もリラックスできます。
さらに続けていると、だんだん苦手なものが減ってきます。
苦手なものを見るたびにオスワリさせたり、おやつを出したりすることに比べればはるかに楽です。
そしてなおかつ、苦手克服にもっとも有効なのです。

回避のテクニックを身につけて、もっと散歩を楽しみましょう!
——————————————————————

PONOPONOカウンセラー 川上 さとえ Satoe Kawakami

kawakami@pono2.info
東京都港区赤坂三丁目21番5号 PONOPONO事務局

・いつもメールレターを読んでいただきありがとうございます。
最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこのメールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。

※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz

無料メールレター
今、ご登録いただいた方には、
以下を無料プレゼント
  • ・Webセミナー
    「犬の表情を読み取ろう」
  • ・PONOPONO犬育て100のポイント
    (100通!毎日送信)
その他、PONOPONO犬育てに関する情報をお届けしています。
以下からご登録下さい。

カテゴリー

アーカイブ