犬とわかりあい、
幸せをわかちあう。

問題行動や悩みを改善し、
心から幸せな犬の笑顔を見るために。

COLUMN

コラム

EMAIL NEWSLETTER ARCHIVE

メールマガジン

噛み付かれたときは

いつもメールレターを読んでくださり、ありがとうございます。
PONOPONOの川上です。

爪を切ろうとしたら犬が噛んだ。
撫でようと手を伸ばしたら噛まれた。
すばやく動いたら足に噛み付いてきた。
興奮するとカプカプ噛んで来る。

そんなとき、どのような対応をしていますか?
よく言われているのは次のようなことです。

・大きな声で「痛い」と叫ぶ。
・口に手を突っ込む。
・目を見て「だめ」「いけない」などと言って叱る。
・鼻を指ではじく。
・お尻を蹴る。

どれも絶対にやってはいけません。
噛み付くのは、「イヤだ、やめて」、「怖いからあっちに行って」、「イライラするよ」
という犬の意思表示です。
犬はいきなり噛んだりはしません。
その前に、もっと穏やかなやり方で、礼儀正しく表現しています。
人間がそれに気づかなかったために、より強い表現方法を使うようになったのです。

それなのに、叱ったり、体罰を与えたりなどしたら、ますます怖がって先制攻撃したり、
余計にイライラしたりします。
そんなことはせずに、犬が噛み付くような行動をしないことがもっとも大切です。
それが犬への「配慮」なのです。

厳しく叱らなければいけないと考えている人もいるようですが、その前に自分の行動を反省
してみましょう。
自分の行動が犬を嫌がらせていませんか?
爪切りなどのお手入れは、押さえつけて無理やったら嫌がられて当然です。
自分に向かって伸びてくる手は怖いものです。
目の前をバタバタと通り過ぎる足にはイライラします。

お手入れは無理強いせずに少しずつやる。
犬を自分から触らない。
犬がいるところではゆっくり動く。
このようにしていれば、嫌がらせをせずにすみます。
犬には常に配慮と思いやりをもって接しましょう。

——————————————————————
●PONOPONO基礎講座サイトを一度見てみてください●

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果やあまりにも幸せそうな犬の画像に驚くと思います。

ぜひ詳細を読んでみてください→ http://pono2.info/lp/

●カウンセリング会員サービス現在空きがあります●

PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。そこで、
サポートをしてほしいというご依頼にお応えして、私が直接メールとお電話で
カウンセリングを行っています。今はまだ空きがありますので、
迷われている方は利用してみることをおススメします。

詳細はコチラ→ http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html

●facebook友達申請、大歓迎です●

facebookでは、きついことも率直に書いていますが(笑)、よかったらご登録ください。
コチラからどうぞ→ https://www.facebook.com/satoe.kawakami?fref=ts

●紹介のお願い●

最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこの無料メールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。

※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz

 

PONOPONOカウンセラー 川上 さとえ Satoe Kawakami
kawakami@pono2.info
東京都港区赤坂三丁目21番5号 PONOPONO事務局

無料メールレター
今、ご登録いただいた方には、
以下を無料プレゼント
  • ・Webセミナー
    「犬の表情を読み取ろう」
  • ・PONOPONO犬育て100のポイント
    (100通!毎日送信)
その他、PONOPONO犬育てに関する情報をお届けしています。
以下からご登録下さい。

カテゴリー

アーカイブ