犬とわかりあい、
幸せをわかちあう。

問題行動や悩みを改善し、
心から幸せな犬の笑顔を見るために。

SERVICE

実践したい/知りたい

PONOPONO FAN VOICE

実践者さんの声

ミズキ大臣さん

●PONOPONOと出会って良かったこと
きっかけは散歩時の引っ張りでした。
ユリウスを着けている子(ラスタ2才半♂)ですが、生後2ヶ月で兄弟で遺棄され保健所で保護、
その後生後4ヶ月で里親会が引き出して預りさん宅を経て生後6ヶ月で我が家に来ました。
引っ張りをなくそうと始めたPONOPONOですが、それをきっかけに我が家の2匹のたくさんのストレスに気づきました。
ビヨルキスを着けている子(よつば6才♀)も、他犬への吠えや噛みつきなどがありましたが今は殆どなくなりました。

PONOPONOを始めて2年ちょっとですが、問題は8割くらい減りました。
一時期なかなか上手く行かず困っていた時に、思いきって毎週末通っていた河川敷でのオフリード散歩をやめてみました。
それがとても良かったようです。
河川敷では他の犬と走り回ったりすることもあり、楽しそうに見えても興奮は良くないですね。

困った時に川上さんのブログにどれ程助けられたかわかりません。
犬トモ達に「私のバイブルだよ」って薦めています。

●メッセージ
今年、奇跡の ような偶然が重なりラスタの兄弟に会うことが出来ました。
車で一時間近くかかる所で別々の経路で保護された兄弟ですが、何とその飼い主さんも、PONOPONOだったんです!!
川上さんの努力はたくさんのペット達を幸せにしているんですね。

以前からブログが本になったらいいのに…って思ってました。
ペットだけにとどまらない動物福祉のことを広めてくださいね。
協力したがってる読者がたくさんいますよ!
心から感謝しています。