犬とわかりあい、
幸せをわかちあう。

問題行動や悩みを改善し、
心から幸せな犬の笑顔を見るために。

SERVICE

実践したい/知りたい

PONOPONO FAN VOICE

実践者さんの声

ぴよさん

●PONOPONOと出会って良かったこと
“犬を飼う”ではなく、“犬と暮らす”幸せを知ることが出来ました。

●メッセージ
2年半ほど前、初めて犬(MIX犬/くるみ/3歳/♀)を飼いました。
ちゃんとした飼い主と犬でなくてはと、ネットや口コミで調べまくり、頭でっかちな私。
目立った問題はないのに、当然のようにケージ飼いをし、ホールドスチールもしました。
ホールドスチールの後、怯えたような表情になったくるみ。
「これでいいの?」と疑問がわきだしました。

散歩での引っぱりと興奮が強いかな?
ついに参加したしつけ教室は、ハーフチョークチェーンが必須でした。
翌日からの散歩は、ハーフチョークを使って、ぎくしゃくぎくしゃく。
私もくるみも「ツライ」。
心から「なんのための散歩だろう」と思いました。

「PONOPONOのように、私はくるみと対話をしながら暮らしたい」。

それまでにも、PONOPONOサイトは拝見していましたが、
このとき、確かに心を決めました。
PONOPONO式にする。

いま。
散歩が大好きなくるみです。
まだまだ出足は早足になりますが、
大好きな匂いかぎと、吟味したみみずとダンゴムシの試食(私としては涙)、
五感をフル活用して散歩を楽しむ姿をみると、私も幸せな気持ちになります。

もちろん、ケージに閉じ込めたり、ホールドスチールなんてしません。
室内はフリー、夜は同じベッドで、犬語にゴニョゴニョ言葉?の会話も
たくさん出来るようになりました。

くるみは、優しくて、気遣いが出来て、とってもいいこです。

PONOPONOに出会って、
犬と暮らす幸せな日々に感謝しています。