犬とわかりあい、
幸せをわかちあう。

問題行動や悩みを改善し、
心から幸せな犬の笑顔を見るために。

SERVICE

実践したい/知りたい

PONOPONO FAN VOICE

実践者さんの声

ごんだいママさん

●PONOPONOと出会って良かったこと
PONOPONOとの出会い、先住犬の白チワワのごんぞうはお散歩も上手で長時間の
お留守番もケージで待っていられる優等生。
ごんぞうが4歳になった時、2頭目の黒チワワのだいすけを迎えました。
初めての子犬さん。
でも、トイレも上手に覚えてくれて。

フルタイムの仕事をしておりましたが、お昼に一度戻れる環境でしたので、どうにか子犬時代も無事に過ごしておりました。
チワワはあまり散歩はしなくていいよと聞いていたこともあり、週に2-3回の散歩でした。

散歩に出すと、もう引っ張り放題、なんでも口に入れ石までがりがり。
なぜだろう?もっと犬との生活を知らないといけない。

出会ったのがPONOPONOでした。
すこしづつフリーの空間を増やし、半年後には安心してフリーでお留守番をさせることもできました。
散歩が一番の楽しみと知り、毎日できる限り頑張っていました。
ただ、のんびり散歩には程遠く、引っ張りや拾い食いの改善はできずにいました。

PONOPONOのシッターさんを通じてお散歩レッスンを多摩川でお願いしました。
リードの使い方の細かい指導、川上さんに散歩していただくとまるで違う犬のよう、魔法のようでした。

長期にわたって、8回のレッスンを受け、初めて犬との生活の楽しさを知ったような気がします。

6歳になった今は、自分で考え、口に入れてはいけないものは判断できるようになりました。
サラダバーは許していますが・・・

●メッセージ
フルタイムの仕事をしており、たぶん犬と生活をする環境ではないと思います。
その中でできる限りのことをする。
ほかの犬との回避もいまでも上手にできているわけではありません。
一緒のお散歩が楽しい、季節を感じながら犬と話しながら幸せだなと思える。
元気でそばにいてくれることに感謝。
PONOPONOに出会わなければなかったと思います。
たくさんの方に知ってほしいです。