犬とわかりあい、
幸せをわかちあう。

問題行動や悩みを改善し、
心から幸せな犬の笑顔を見るために。

SERVICE

実践したい/知りたい

PONOPONO FAN VOICE

実践者さんの声

ゆいの母さん

●PONOPONOと出会って良かったこと
・ハーネスとロングリードでのんびり散歩を楽しみ、家ではよく寝て、ごはんを喜んでよく食べて、元気に過ごしています。
興奮することがあってもすぐに落ち着いて、基本的に穏やかに過ごしています。
散歩場所も見直し、PONOPONOと出会う前よりずっと質の高い散歩ができるようになったと思います。

・犬にとって心地よい生活とは、環境とは、ということを意識しながら、日々の生活を送るようになりました。
そのために、改善できそうなことを考えたり、工夫したりしようとする姿勢も身に付いてきたと思います。

・少しずつ、ボディランゲージでコミュニケーションが取れるようになってきたように感じています。
また、犬のしぐさや動作をシグナルとして読み取れるようになってきました。
まだまだ勉強中ですが、「通じた」「伝わった」「犬の気持ちがわかった」と感じられる場面が増えて、とても嬉しいです。

・PONOPONOと出会う前は、無知ゆえに無遠慮に抱いたり触ったりなど、
犬の嫌がることをいろいろしてしまっていたせいで噛むようになり、改善しようとしつけ教室にも通ったことで更にストレスをかけてしまいましたが、
自分たちの行動のひとつひとつが犬にとってどうなのかを見直したり理解したりして改善していくことができました。
嫌がることをしないように心がけることで噛みはなくなりました。
まだまだストレスマネジメントは必要ですが、対症療法ではなくて、
ストレスのない落ち着いた生活を淡々と続けていくことが何よりも大切だということを理解することができました。

・PONOPONOと出会う中で、アニマルライツ、アニマルウェルフェアという考え方にも触れ、
また、それまで知らずにいた様々な動物に関する扱いの実態を知ることにもなりました。
川上さんのブログでは、ヴィーガンレシピなども取り上げて下さり、参考にさせていただいています。

・川上さんの毎日必ず更新してくださるブログにより、常に大切なことを確認したり、自分たちの生活を省みたりしながら過ごせているのはありがたいことです。
また、カウンセリングやレッスンを受けたことで、自分と犬との問題や関係を具体的に見直すことができました。

●メッセージ
・PONOPONOの考え方の中で、私が特に好きだと思い、大事だと思い、これこそがPONOPONOだと思っているのが、
ブログトップページにある「PONOPONOは犬の人格を認め、犬の権利を尊重し、民主的な関係の構築を目指します。」というところです。

こうした犬と人の関係について理解が進み、当たり前になっていくことを願っています。
自分と我が犬もそのような関係を築いていけるように、これからも努力していきます。