犬とわかりあい、
幸せをわかちあう。

問題行動や悩みを改善し、
心から幸せな犬の笑顔を見るために。

SERVICE

実践したい/知りたい

PONOPONO FAN VOICE

実践者さんの声

ととちゃんさん

PONOPONOに出会ったのはうちの子が1歳になる前でした。

先住犬をお散歩嫌いにさせてしまった後悔から犬の気持ちを知りたくて某有名幼稚園に入学したのですが、
先ず、入園式で印象に残った園長先生の言葉は「犬を犬らしく育てようと思わないで下さい」というものでした。

なるほど、なるほど! 人間社会に暮らすのだからね!
と、今までの犬育てを反省しつつ、サーカスの犬使いのように自由に犬を合図一つで
立ったり座ったり伏せたりさせてる園長に魅入ったものでした。

そこでは・・・
☆犬と一緒に寝てはいけない。
☆飼い主が決めた遊びの時間以外はサークルの中へ(狭いサークルの中ははケージとトイレが一緒にあります。)
☆ご飯と散歩はわざと決まった時間にしないで、飼い主があげたい時にあげる!(飼い主に何か突発的な出来事があったときに時間に縛られない為)
☆躾にはドッグフードを使う為に、朝はご飯抜きで通園です。

トレーニングとご飯がセットになっているらしく、食の細い子に育ってました。
夜半も警戒吠えが激しく、寝ない子だな―と思ってました。
ご飯嫌いで、いつもピリピリしてる子。

自由に育てた先住犬と比べる事が多く、お散歩嫌い以外はおっとりしてて楽だったなー
と懐かしがってる時に見つけたのがPONOPONOのブログでした!
3年前になるでしょうか・・宝の山を見つけた思いがしたものです!!

先住犬のお散歩嫌いの理由も、直し方もPONOPONOにはビシビシと思い当たる事ばかりでした。
もっと早くPONOPONOと出会っていれば・・と、先住犬の事を切なく今でも時々思います。

そんなうちの2代目の子も4歳になり、PONOPONO式にハマってる私のオカゲで!(笑)
2代目君は幸せ一杯と自負しています。

トリミング犬種なのに、ママ床屋でザンギリです!(幸せなら良いよね~ 鏡見ないしって。笑)
シャンプーも三カ月ぐらい洗わないですねー。
匂いはストレスと教えて頂きましたが本当に臭くないですねー。

夜は私のベッドの横に肘掛椅子をくくりつけて専用のベッドにして寝てるのですが、
寒くなるとチョイチョイと布団を開けてくれ合図を出して布団の中に入ってきます。
朝は決まって5時半過ぎ、何故か暑くもないのにハッハッと笑ったような息使いで胸に乗ってきます。
知らんふりして狸寝入りをしているとそのうちに静かになるのですが、30分もすると今度は髪の毛を引っ張るという技をお持ちです!
そういうことを夫と私にして廻っていらっしゃいます(笑)「良い時計を持ってるねーー♪」と誉められてますぅ~。

リビングで本気で眠い時はドアなしのサークルの中のベッド(そこにトイレはありません)で寝てますが
誰かが、床でだらしなく(笑)ゴロンと寝てる人がいると くっついて、腕枕なんかして寝てたりします。